逆流性食道炎のメカニズム

その1:胃酸過多が原因でなる場合

食べ過ぎや揚げ物など、油を使った物を食べると胃酸の分泌が多くなり、胃酸過多となり、それが胃液を増やすことになります。そうすると、増えた胃液は、食道へ逆流を起こしやすくなるため逆流性食道炎が起こります。

その2:下部食道活約筋の機能低下が原因でなる場合

食道が胃につながる下部食道には、胃液の逆流を防ぐ役目をする活約筋があり、通常ではその筋肉が収縮していて胃から胃液が逆流しないようになっています。ですが加齢やストレスなどにより、その食道の下部の活約筋が緩むことで、胃液が食道へ逆流しやすくなり逆流性食道炎が起こります。通常は、活約筋が収縮しているので、逆立ちしても食べ物が口から出てこないのである。

その3:食道裂孔ヘルニアが原因でなる場合

胸部と腹部の間にあり、胸部内臓を支え保持する働きをしている横隔膜には、食道が通過する裂孔すなわち、穴があります。正常な状態では、その裂孔の部分の横隔膜は下に下がっていて、下部食道を丁度良く締めています。しかし、ストレスや長期間の前かがみの不良姿勢の持続等により、その裂孔部が緩み、その裂孔から胃の上部が上方に突出してしまう。そのことにより、下部食道活約筋の力が弱まってしまい、ゆるゆる状態に緩んで、胃液が食道へ逆流を起こしやすくなり逆流性食道炎が起こります。

その4:食道の蠕動(ぜんどう)運動の低下が原因でなる場合

胃と同様に食道でも食べ物を胃の方へ送ろうとする運動、すなわち蠕動運動が行われています。この作用があるので、胃から胃液が上がってきても、その運動の働きで上がってきた胃液があっても胃に戻してくれます。しかし、その働きが何らかの原因により、弱められると胃液が食道へ逆流を起こしやすくなり逆流性食道炎が起こります。

通院ガイド(初診時の準備/診療料金/交通案内

診療の予約

当院は予約制をとっております。治療の予約はご都合に合わせて次の3つ予約が可能です。
★効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースをお勧めします。

インターネットで
予約
毎日24時間受付可能です。
こちらからどうぞ。
お電話での予約
048-263-7500
平日=午前9:00~13:00/
午後15:00~19:00
土曜=午前9:00~13:00/
午後15:00~18:00
日曜・祝日は休みです。
窓口で予約
来院時に受付にて お申し出ください。

★初診時に準備するもの

  • ●レントゲン (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●MRI (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●コルセット (現在お使いのものがあればお持ち下さい。)
  • ●保険証(レントゲン撮影の際、必要になります。

  ※正確な判断をするために初回日は出来るだけ薬や痛み止め等は、服用せずにご来院下さい。詳しくは電話で問い合わせ下さい。


【注意】当院で行う施術は医療行為ではありません。
この施術法は、とても高度な技術を必要とする独自の施術法です。なので、まだ伝授者がいない為、
他院を紹介する事ができません。恐れ入りますが遠方の方でもご来院下さい。遠方から来られる方には、
手頃な宿泊所をお教え致します。

診療料金

初めての患者さんへ

椎間板ヘルニア・逆流性食道炎・顎関節症・ぎっくり腰・慢性疾患・内科的疾患等の カイロプラクティックの施術は健康保険法上、接骨院では保険診療の対象となりません。 全額自由診療(自費治療)となります。

  • 1つの疾患に対する『料金』は初回10,800円となります。
  • 2回目以降6,480円となります。
  • 2つの疾患を同時に施術する場合、別に1,080円の加算となります。

遠方の方へ

※当院の治療法は、高度な技術を必要とする独自の治療法です。まだ伝授者がいない為、他院を紹介する事が出来ません。恐れ入りますが遠方でも御来院下さい。遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をご紹介します。

交通案内・駐車場

住所:埼玉県川口市南前川2-11-17 電話:048-263-7500

※カーナビをご使用の際は住所でご指定ください。電話番号では間違える可能性があります。