“隠れ胃食道逆流症”に気を付けましょう!

【老人の骨粗鬆症による円背および亀背と胃食道逆流症の関係】

1、骨粗鬆症による円背および亀背の患者の4割が胃食道逆流症を合併している!

腰の曲がった骨粗鬆症の患者さんには、胃食道逆流症が高頻度に存在する!と

この報告をまとめた埼玉医大かわごえクリニックの宮島剛氏(埼玉医大整形外科医師)は、日々、骨粗鬆症専門外来で胃食道逆流症の合併者を拾い上げ、患者に応じた治療法を選択している。

「骨粗鬆症患者の診療は長期戦です。胃食道逆流症を合併している場合は、特に患者さんが途中で離脱しないようにするために、その患者さんの生活の質、すなわちその人がどれだけ人間らしい望み通りの生活を送ることが出来ているかを考えた治療が大切です」と宮島剛氏は語っております。

●76歳女性のAさんの症例…

2006年、かわごえクリニックが開院したことをきっかけに宮島医師の元を訪れたのは、76歳女性のAさん。43歳で子宮脱のため卵巣を摘出し、1999年から4年間、別の医療機関で骨粗鬆症の治療を受けていた。だが、担当医による説明が少ないことから、自らの判断で治療を中断してしまっていた。
 宮島氏は、初診患者全員に対し、通常の問診表以外に、自覚症状から胃食道逆流症GERDの有無を判別するためによく使われている「QUEST問診表」の記載を求めている。QUESTの結果が6点以上なら胃食道逆流症あり、4~5点なら胃食道逆流症疑い、3点以下なら胃食道逆流症なしと判断するが、Aさんの結果は5点で、「胃食道逆流症の疑いあり」だった。

「骨粗鬆症の患者は胃食道逆流症を合併するリスクが高い!」と宮島剛氏は語る。

2、骨粗鬆症は胃食道逆流症発症の危険因子となる!

自身が胃食道逆流症を患った経験をきっかけに、骨粗鬆症患者の中から胃食道逆流症を拾い上げるようになったという宮島氏。
2005年5~9月には、埼玉医大とかわごえクリニックの骨粗鬆症外来を受診し、後彎変形(円背・亀背)を認めた103人(平均年齢78.3歳)を対象に、初診時にQUEST問診表を用いて胃食道逆流症の発症頻度を調査しました。
その結果、QUESTが6点以上の胃食道逆流症患者は18人(17%)、4~5点の胃食道逆流症疑い患者は23人(22%)だった。
つまり、疑い例を含めれば、骨粗鬆症による円背および亀背の患者の約4割が胃食道逆流症を合併していることになります。

●この骨粗鬆症による円背、亀背の患者に胃食道逆流症の合併者が多い理由は…

「胃食道逆流症合併者が多いのは、骨粗鬆症による前かがみの姿勢が原因です。前かがみの姿勢になることにより、腹部が常に圧迫され腹圧が高まるため、逆流を引き起こしやすくなるのではないか」と宮島氏は結果を説明されております。さらに、骨粗鬆症の患者さんの多くが高齢者です。高齢者になると加齢によって胃の噴門圧が弱まり、胃液の逆流を防ぐ役目をする活約筋が緩むことで、食道への逆流を防げなくなることも胃食道逆流症発症の要因となります。

●骨粗鬆症の治療自体にも消化器症状を悪化させるリスクがあるという…

「腰痛などの痛み止めに使うNSAIDsは、胃酸分泌を促進し胃や腸に潰瘍を引き起こします。また、骨粗鬆症の治療薬であるビスホスホネート(BP)製剤も、うまく服用できずに食道にとどまると、副作用として食道粘膜に炎症を引き起こします。」と宮島剛氏は語る。 以上の理由により骨粗鬆症患者は、胃食道逆流症を含めた消化器疾患を非常に引き起こしやすい環境にあると言えるだろう。

 

2008.12.26(日経メディカル)より抜粋

通院ガイド(初診時の準備/診療料金/交通案内

診療の予約

当院は予約制をとっております。治療の予約はご都合に合わせて次の3つ予約が可能です。
★効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースをお勧めします。

インターネットで
予約
毎日24時間受付可能です。
こちらからどうぞ。
お電話での予約
048-263-7500
平日=午前9:00~13:00/
午後15:00~19:00
土曜=午前9:00~13:00/
午後15:00~18:00
日曜・祝日は休みです。
窓口で予約
来院時に受付にて お申し出ください。

★初診時に準備するもの

  • ●レントゲン (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●MRI (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●コルセット (現在お使いのものがあればお持ち下さい。)
  • ●保険証(レントゲン撮影の際、必要になります。

  ※正確な判断をするために初回日は出来るだけ薬や痛み止め等は、服用せずにご来院下さい。詳しくは電話で問い合わせ下さい。


【注意】当院で行う施術は医療行為ではありません。
この施術法は、とても高度な技術を必要とする独自の施術法です。なので、まだ伝授者がいない為、
他院を紹介する事ができません。恐れ入りますが遠方の方でもご来院下さい。遠方から来られる方には、
手頃な宿泊所をお教え致します。

診療料金

初めての患者さんへ

椎間板ヘルニア・逆流性食道炎・顎関節症・ぎっくり腰・慢性疾患・内科的疾患等の カイロプラクティックの施術は健康保険法上、接骨院では保険診療の対象となりません。 全額自由診療(自費治療)となります。

  • 1つの疾患に対する『料金』は初回10,800円となります。
  • 2回目以降6,480円となります。
  • 2つの疾患を同時に施術する場合、別に1,080円の加算となります。

遠方の方へ

※当院の治療法は、高度な技術を必要とする独自の治療法です。まだ伝授者がいない為、他院を紹介する事が出来ません。恐れ入りますが遠方でも御来院下さい。遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をご紹介します。

交通案内・駐車場

住所:埼玉県川口市南前川2-11-17 電話:048-263-7500

※カーナビをご使用の際は住所でご指定ください。電話番号では間違える可能性があります。