妊婦ママに「かくれ逆流性食道炎」が急増中!


◆古澤接骨院(所在地:埼玉県川口市)は、逆流性食道炎を患う妊婦ママの問い合わせ急増に合わせ、ケアのための「逆流性食道炎マッサージ」を行っています。


逆流性食道炎(GERD)とは?

逆流性食道炎とは、胃酸が食道に逆流し炎症を起こしてしまう症状の事で、1970年代は3%だった有病率も1997年に15%を超えてからは右肩上がりです。
2006年の再診の調べでは22%と急激に増加し、日本人5人に 1人は逆流性食道炎患者との報告があります。症状としては「5ふん以上続くゲップ」や「治まらない胃痛、胸焼け、むかつき」が挙げられ、妊娠中に発症しやすいと言われています。

■原因
逆流性食道炎は、加齢やストレス、肥満などさまざまな下人で発症しますが、妊娠中は大きくなった子宮に胃が圧迫され、胃酸が逆流しやすくなるため、発症しやすいとされています。妊娠初期に現れる「つわり」と似た症状ですが、発症時期は「つわり」が治まる3~4ヶ月目の妊娠中期です。この時期、急激に子宮が大きくなるにつれて、ゲップや胸焼け、むかつきなどの症状が見られます。大きな子宮に胃が圧迫されるだけでなく、妊娠中はプロゲステロンと言う応対ホルモンの分泌が多くなり、その結果、胃の消化機能が低下し、食べたものが胃に滞在している時間が長くなります。消化に時間がかかると、胃酸の分泌も増加する為、逆流しやすくなり逆流性食道炎になってしまうのです。妊娠初期の「つわり」が出産時まで続いていたという方がいますが、それは途中から逆流性食道炎の症状に変化しているのだと思われます。出産するとピタッと症状は治まるのが普通ですが、妊娠中に症状が悪化してしまうと、出産後も逆流性食道炎の症状に悩まされる事になってしまいます。

■「逆流性食道炎マッサージ」について
【妊婦ママなどお腹に圧迫をかけられない患者さんへの施術】
“左手の親指と人さし指の間の筋肉(東洋医学で言う合谷というツボ)を揉む”
病理的反射作用として、胃が病むと、左手の親指と人さし指の間の筋肉が緊張し固くなります。このような作用おを内臓体表反射と呼びます。生理的反射作用として、左手の親指と人指し指の間の固くなった筋肉を揉みほぐすと、胃の緊張が解けて働きが改善します。このような作用を体表内臓反射と呼びます。この合谷をある程度強めに約3分揉みほぐし、その部位の筋肉が柔らかくなるように行い、胃の噴門部から下部食道括約筋の働きを改善させます。


【逆流性食道炎マッサージの特徴】
1.頚椎1番を矯正して迷走神経の働きを回復させる。
頚椎1番を矯正することにより、逆流性食道炎の一番の原因である『下部食道括約筋の収縮を司る迷走神経の働き』を改善・回復させ下部食道括約筋が収縮するようにします。
2.胸椎5番を矯正して噴門部が締まるようにさせる。
緩んでしまった胃の入り口の噴門部を、胃液が逆流しない締まりの良い噴門部とするために、噴門部と胃全体を自立神経でコントロールしている第5胸椎神経を、胸椎5番を手技で矯正することにより、その神経の働きを活性化させ、噴門部が締まるようにします。
3.下部食道括約筋を指圧し回復させる。
逆流性食道炎の症状が長く続いている時には、下部食道括約筋が長期間萎縮し、蠕動運動や収縮機能が低下して、下部食道括約筋が固くなっていることが予測されます。その場合、1の施術で迷走神経の働きが回復され、下部食道括約筋に収縮指令が届いても、下部食道括約筋が固くなっているため、本来の下部食道括約筋の収縮による食道下部の弁が締まりません。そのため、食道下部を手技により指圧し揉みほぐし、柔らかくしてあげることにより、締まりやすい弁の状態に回復させます。
また、逆流性食道炎に効く特別なツボが腹部にあり、そのツボを特別な方法で刺激して食道と横隔膜と胃と腸の機能を改善します。さらに、どこでもひとりで簡単に出来るツボ療法もお教えしています。


通院ガイド(初診時の準備/診療料金/交通案内

診療の予約

当院は予約制をとっております。治療の予約はご都合に合わせて次の3つ予約が可能です。
★効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースをお勧めします。

インターネットで
予約
毎日24時間受付可能です。
こちらからどうぞ。
お電話での予約
048-263-7500
平日=午前9:00~13:00/
午後15:00~19:00
土曜=午前9:00~13:00/
午後15:00~18:00
日曜・祝日は休みです。
窓口で予約
来院時に受付にて お申し出ください。

★初診時に準備するもの

  • ●レントゲン (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●MRI (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●コルセット (現在お使いのものがあればお持ち下さい。)
  • ●保険証(レントゲン撮影の際、必要になります。

  ※正確な判断をするために初回日は出来るだけ薬や痛み止め等は、服用せずにご来院下さい。詳しくは電話で問い合わせ下さい。


【注意】当院で行う施術は医療行為ではありません。
この施術法は、とても高度な技術を必要とする独自の施術法です。なので、まだ伝授者がいない為、
他院を紹介する事ができません。恐れ入りますが遠方の方でもご来院下さい。遠方から来られる方には、
手頃な宿泊所をお教え致します。

診療料金

初めての患者さんへ

椎間板ヘルニア・逆流性食道炎・顎関節症・ぎっくり腰・慢性疾患・内科的疾患等の カイロプラクティックの施術は健康保険法上、接骨院では保険診療の対象となりません。 全額自由診療(自費治療)となります。

  • 1つの疾患に対する『料金』は初回10,800円となります。
  • 2回目以降6,480円となります。
  • 2つの疾患を同時に施術する場合、別に1,080円の加算となります。

遠方の方へ

※当院の治療法は、高度な技術を必要とする独自の治療法です。まだ伝授者がいない為、他院を紹介する事が出来ません。恐れ入りますが遠方でも御来院下さい。遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をご紹介します。

交通案内・駐車場

住所:埼玉県川口市南前川2-11-17 電話:048-263-7500

※カーナビをご使用の際は住所でご指定ください。電話番号では間違える可能性があります。